静岡県富士市の眼科。診療案内の他、目の病気等解説いたします。トップページへ アクセスマップ
小森眼科クリニック クリックでトップページへ
 
索引
院長あいさつ
病院紹介ページへ
院内案内へ
診療案内のページへ
診療内容
案内地図
目の病気とご質問はこちら
手術案内
コンタクトレンズご紹介
 

 

 


緑内障について

>目の病気・ご質問 >白内障 >緑内障
緑内障とは

緑内障は、目の圧力で神経が傷つき、視野が狭くなっていく病気で、中途失明の原因の第2位で「目の成人病」と呼ばれています。

日本人の40才以上の17人に1人は緑内障と言うことが「日本緑内障学会多治見緑内障疫学調査」の結果、明らかになりました。

まぶたの上からそっと目にさわるとわかるように、眼球は空気のつまったボールのように張りがあります。これは眼球の中の圧力(眼圧)が外よりも高く保たれているからです。おかげで、体を動かしても眼球の形が変わらず、網膜の上にきちんと映像を結んで、ものを見ることができます。

ところが、眼球の後ろにある視神経はとても繊細で、眼圧に耐えられないと押しつぶされて、傷ついてしまいます。残念ながら傷ついた視神経は元に戻りません。その結果、大事な視神経の数が減ってしまい、視野がだんだん欠けていきます。これが「緑内障」です。

しかも、早期に発見し、治療して、病気の進行を止めないと、ついには失明に至ります。油断できない病気なのです。

緑内障
正面を向いてまっすぐ前方を見つめたときに、片目で上下左右の見える範囲を視野といいますが、緑内障になると視野が狭くなったり(視野狭窄)、部分的に見えない部分ができたり(視野欠損)する視野障害が起こります。初期の段階では中心部から離れた部位に、しかも見えない部分にはごく小さい範囲なので、自覚症状はほとんどありません。一般に鼻側の上あたりから視野が狭くなっていき、緑内障が進行すると、中心部に見えない範囲が広がってきます。視野障害は視神経が障害されることにより起こります。
緑内障による視野障害の進行(右目)
正常
初期
中期
末期
正常
初期
中期
末期
緑内障の検査

緑内障の検査として、眼圧検査・眼底検査および視野検査を定期的に実施します。また、緑内障の種類を確定するために隅角検査を行います。

緑内障は家族内発生の見られることがあるため、皆さんのご家族(血縁者)に緑内障の方がいらっしゃる場合には、検査を受けることをおすすめします。

緑内障によって、一度失われた視野は回復しないため、早期の発見が非常に重要となります。

緑内障の治療
緑内障の治療には、眼圧の低いタイプもありますが、治療の基本は眼圧を下げることです。
 薬物治療

眼圧を下げるため、主に目薬を用いますが、内服薬を使用することもあります。目薬は、眼圧を十分下げるため1〜数種類使用することもありますが、必ず医師の処方・指示に従い、規則正しく点眼してください。

なお、緑内障以外に治療中の病気(目以外の全身について)があれば、医師から処方を受ける前にご相談下さい。また、目薬によっては、思わぬ症状が見られる場合もあります。ふだんの生活で、おかしいと思ったことがあれば使用を中止し、早めに相談するようにしてください。

 レーザー・手術治療
薬で眼圧が十分下がらない場合、あるいは症状の進行に応じて、レーザー治療や手術治療が行われます。治療法によっては短時間で終わり、外来で行えるものもあります。
※「知らないうちに視野が欠けてくる緑内障」より一部抜粋
>目の病気・ご質問 >白内障 >緑内障

 

トップページへ

 
ページ先頭へ
小森眼科クリニック
〒417-0061 静岡県富士市伝法564-4 TEL(0545)21-0333
Copyrght(C)2004 Komori Eye Clinic All Rights Reserved.